表現したい音

触覚に音があれば

触覚の曲が作れる

触覚≠イメージ

具体的に

転がるような→手の上で玉を転がしたときの感触

流れるような→指の間から水がこぼれ落ちる感触

逆に言えばイメージを具体化できるのが触覚

つまり、体験できる

体験できたイメージは表現できる

または、表現しようとする方向に進める

最新記事

すべて表示

音色は無限大

「音」は時間とともに消えていく その瞬間に感じるしかない とても抽象的なもの 理屈ではない、感覚 人は体験することによって学習し、感覚も蓄積していく。必要に応じてとっさに感覚が呼び起こされるようにする訓練 悲しみを知らない人は悲しい音は鳴らせない 体験したことのないものは表現できない 体験できないなら想像 音を作るのは指先 その感覚はとても重要 触れる感覚と音 聴こえる音から感じる触覚 ふわふわ